真の心を写し出す、写真

写真から見出す、私の変化

私は今、写真を通して、自分の個性と可能性を再発見するため、Classy Academy代表である石井江奈さんの『インナー・ブランディングコース』を受講しています。

皆さんは、自分が撮った写真を見て、どんなことを感じますか?

以前の私にとって写真は、単に、
「この山から見る景色はきれいだったな」とか
「友達と食べたこのランチ美味しかったな」というふうに、
楽しかったときの想いに浸るだけのツールでした。

でも、写真って、自分が意識していない、心の奥の声まで写し出してくれるんです。

私が撮った写真から私の心を読み取る江奈さんのチカラは、超能力じゃないかと思うくらい本当にすごい!

江奈さんからいただいたアドバイスをもとに、物事を見る視点を少しずつ変えていくことで、私の心は大きく変化し始めました。

そして、私が撮る写真にも、その私の心の変化が写し出され始めました。

「記憶の光」とのテーマのもと、昨日の江奈さんとのセッションでわかった私の心の変化をご紹介します。

 

写真からわかる私の心の変化①〜過去を受け入れ始めた〜

これは、先月末、愛媛へ帰省した際に、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋をわたる電車から撮った写真です。

私は、海が大好きです。沖縄やハワイの透き通った、濃い青色の海が。

その反面、地元の海である瀬戸内海は嫌いでした。
海沿いは工場だらけで汚れている。絶対泳ぎたくない、と。

でも、江奈さんから、地元の海の写真を撮ることを勧められ、撮ったのがこの写真(ちょっと曇っていますが)。

  • 穏やかな太陽の光が海全体を包み込んで、瀬戸内海をよりいっそう穏やかなものにしてくれている。
  • 瀬戸大橋から瀬戸内海を見ていると、穏やかさ、のんびりさ、落ち着きを感じる。
  • そして、四国に帰ってきたんだな、と東京モードから四国モードへの切り替えができる。
  • 私にとって、心が安らぐ海だったんだな。

そんなことを感じた写真。

この写真からわかったことは、
新たな視点で、地元の海を見られるようになったこと。
そして、私が自分の過去を受け入れ始めたということ。

私は、経済的に貧しい家庭で育ったことがコンプレックスでした。
自分の生活を変えたく、私のことを誰も知らない土地で、一から出直したいという思いで必死に勉強し、大学進学を機に上京しました。

地元で友達と過ごした楽しい思い出もたくさんあったし、経済的に苦しいなかでも両親は精一杯できる限りのことをして私と弟を育ててくれたし、温かい心を持った人々に支えられながら育った。
だからこそ、今の自分がある。
それなのに、いつの間にか過去にフタをして見ないようにしていた。

自分のチカラだけで、東京に来て、生きてきたんだと言わんばかりに。

でも、今の私があるのは、過去の私があったからこそ。
そして、私のことを見守り、支えてくれた家族や友達、たくさんの人々の温かさがあったからこそ。
そのことを認められるようになった。

だからこそ、嫌いだったはずの海の写真を楽しんで撮れるようになった。

そんな、私の心の変化を写した一枚。

 

写真からわかる私の心の変化②〜希望の光〜

この写真も、先月末、愛媛へ帰省した時に撮った、地元の駅のホームの写真です。

  • この場所は、私が東京へ行く(帰る)ときに、家族が見送ってくれる場所。
  • また一人になるんだという寂しさと、また気持ち新たに東京で頑張ろうという気持ちが入り混じる場所。
  • そして、愛媛モードから東京モードへと、心を切り替える場所。

そんな思いで撮った一枚。

この写真からわかったことは、
線路の奥(東京方面)に光が当たっており、過去を受け入れ、今の自分を受け入れ、東京に帰っても前を向いて進もうという私の想いが詰まっていること。

そして、左に写っている、大きな荷物を横に置き、前をしっかりと見据える女性の姿に自分の姿を重ね合わせ、これからもっともっと、より自分らしく生きるために頑張ろうという私の意志が反映されていること。

東京方面に射す光が、私の希望の光のようにも思える一枚。

 

人生を変えるには

江奈さんのセッションを受け、私が撮った写真を見て、改めて気づいたこと。

それは、過去を受け入れ、自分の視点をちょっと変えるだけで、人生は大きく変わり始めるということ。

過去は、今の自分の一部。
過去があるからこそ、今の自分がある。
そのことを認められて初めて、新たな自分となる旅がスタートする。

人生を変えたい、現状から脱したいと思っている人は多いだろう。
でも、心のどこかで、どうせ私の人生なんて、結局変えられないと思ってしまう。
でも、やっぱり今のままじゃイヤだ。
そんな気持ちが行ったり来たり。

過去の自分に基づいて今の自分を分析し、未来の自分を否定しているような状況。
自分で自分が変わることに、ストップをかけてしまっている。

これまで自分が生きてきた過程を認めたうえで、これまでとは少し違った視点をもつことで、人生は変わり始めます。

大切なのは、誰かに変えてもらおうとか、周りの環境が変われば変わるに違いないとか、自分のチカラがなかなか及ばない外の世界を変えるのではなくて、
自分次第でどうにでも変えることができる自分の内の世界を変えること。

そうすると、私の写真からもわかるように、意識せずとも、同じ景色でもその見方がずいぶんと変わってくるんです。

今の私の写真に現れているのは、
私が凛として自立した大人の女性になる未来への一歩を歩み始めた、希望の光。

写真のチカラって、想像以上にすごいんです!

 

FacebookやInstagramでも発信しています。
Facebook
Instagram

Related Entry

あなたの言葉、相手に伝わっていますか?

頭で考えすぎて、迷宮入りしていませんか?

話し方の個性を磨いて、Only Oneの私になろう