Make Your Life Colorful
毎日を、もっとカラフルに
Art

自分の気持ちに、素直に生きていますか?

自分を信じる心。それは、自分らしい人生を生きるうえで不可欠なもの

自分の気持ちにどれだけ素直に生きているだろう。
心のどこかで自分は「これだ!」と決めたことであっても、
世間体を気にしたり、誰かの意見を気にしたりして、
簡単に自分の意見を曲げてしまうことはないだろうか。

これまでの私は、結構あったな(苦笑)
でも、それって、結局は自分で自分を信じられていない証拠。

自分らしい人生、自分にしか生きられない人生を生きたいと思うなら、
一番大事なのは、誰に何を言われようと、自分を信じる心。

今日参加した、Classy Academy 代表の石井江奈さんが主宰するアート観賞会で、
改めてそう実感しました。

見に行ったのは、
シャネル銀座4階にあるシャネル・ネクサス・ホールで開催されている
「ロバート・メイプルソープ写真展」

「Memento Mori」※
という名をつけられた展示会で、感じたこととは…

※死すべき運命を芸術的あるいは象徴的に思い起こさせようと、しばしば視覚的に表現されるラテン語のフレーズ(CHANEL NEXUS HALLウェブサイトより)。

世間に何と言われようと、自分を信じる!

メイプルソープの写真を見ると、なかなか衝撃的な題材がいくつも!
一瞬、目のやり場に困るようなものも(笑)

実際、物議を醸したり、世間を騒がせたようなこともあったそうです。

でも、それでも彼は、一貫して、
自分の撮りたいもの、自分の気持ちが入るもの、自分が美しいと思ったものを、
自分の心に素直に、自分を信じて、自分の観点で、撮り続けたんだと思いました。

だからこそ、
作者の気持ちが入った作品は、見る人の心にも何かしら訴えかけてくる。

アート作品って、きちんと解釈する必要はない

正直、なかなか解釈が難しいな…と思いながら作品を見ていました。

一体何を言いたいんだ???

でも、アート作品って、きちんと解釈する必要なんてない

作者が込めた想いはある。
でも、それを見て、どう感じるかは、人それぞれ。

何か正解を求めようとして、正しい解釈をしようとしてしまうけれど、
大事なのは、自分の心で感じること。

気になる作品があったら、
なんで自分は、この作品が気になったんだろう…って自分の心に聞いてみる。
それだけで良い。
そうすると、意外な発見があったり、今の自分の心情を写し出していたり、自分の思い出と重なっていたりすることに気づくんです。

自分の気持ちを大切にしてこそ、周りの人もハッピーに生きられる

ちょっと話が飛びますが、今日の写真展で「自分を信じることが大切」と学んだとき、
昨晩受けた地元(愛媛)にいる高校時代の友達からの悩み相談を思いだしました。

仕事でも、プライベートでも、
自分の気持ちがよくわからずに、どうしたら良いかわからないというもの。

話を聞いて気づいたことは、
仕事では、職場の人、顧客に気を遣いすぎて、自分がこうしたいと思っていることにフタをしてしまっている。
家庭でも、旦那さんに対する自分の感情に嘘をつきながら、毎日を過ごしている。

つまり、自分のなかではこうしたいという気持ちがあるけれど、
周りの人のことを考えすぎて、自分の素直な気持ちを必死に隠そう、押さえ込もうとしている状態。

そして、苦しくなって、自分がどうしたら良いのかわからなくなって、
もうイヤだ〜という状態になっていたんです。

彼女は自分のことより、他の人のことを大切にしてくれる、とっても心が優しい人。
でも、自分の気持ちに見て見ぬ振りをして、自分の意志を抑えてしまうと、
自分の気持ちはどんどん揺れていき、不安定になってしまう

相手のことを大切にするためにも、まずは、自分の気持ちを大切にすることが必要。

友人との話からも、また今日の写真展からも、
いかに、自分の気持ちに素直に従い、自分を信じて生きていくことが、
自分らしい人生を歩むために不可欠かということを学びました。

ABOUT ME
Eri Ninomiya
私の人生を変えてくれた「ハワイ」の魅力をお伝えすることで、皆さんの毎日が、もっとハッピーになるようお役に立てると嬉しいです!