Make Your Life Colorful
毎日を、もっとカラフルに
Art

表現力豊かな女性になるために

アートを頭で理解するのではなく、心で感じてみる

今の私の目標は、
表情でも声でも、豊かに自分の感情を表現できる女性になることです。

喜びや感謝の気持ちですら、うまく表現できない。顔が強ばってしまう。
そんな自分に気がつくたびに、自分がイヤになっていました。

もっともっと自分の感情を素直に表現できる女性になりたい。

そのために行っていることの一つが、アート鑑賞です。

今日は、ライカ銀座店で開催されている、
プラチナプリント写真展に行ってきました。

ただ単に眺めるのではなく、自分はどれが一番好きかという視点を持って

これまで絵画展や写真展にいっても、
ただ単に眺めることが多かった私。

だから、特に、展示会場が広い展覧会に行ったときは、
つまらない!途中で早く帰りたい!みたいな気持ちになっていました。苦笑

頭で作品を理解しようとする傾向にあったため、
難しすぎて、何が言いたいのかわからない…
と一度思ってしまうと、もうダメでした。

つまり、作品と私自身を関連づけることができていなかったんです。

アートを楽しむ方法の一つは、
作品の中で自分はどれが一番好きかを考えながら観ること

そのことを教えてもらってから、
私は、アート鑑賞がとても楽しく、大好きになりました。

自分が好きな作品は、自分の心と何かしら関係のある作品

自分が好きだな、気になるな、という作品は、
自分と何かしら関係があるからこそ、そう感じるもの。

今日の展覧会で私が一番好き、というか気になったのは、
もやのかかったニューヨークの街と、
その向こうに見えるエンパイアステートビルを、
遠くから眺める女性の写真でした。

2010年12月。ニューヨークを一人で旅したことを思い出したんです。

大雪に降られ、飛行機が欠航となり、
急遽もう一日ニューヨークに滞在することになったその夜、
私は一人、エンパイアステートビルに行きました。

大都会ニューヨーク。世界の中心ニューヨーク。

エンパイアステートビルから見下ろすニューヨークの街は、
すぐ近くにあるにもかかわらず、どこか遠くにあるようにも感じました。
少し遠くから距離を置いて、その場に居るようで、居ないような感覚。

そんな風に感じていた私の姿と、その写真のなかの女性の姿を重ね合わせていました。

自分の感情にフタをしない

私がこれまで素直に自分の感情を表現できなかった理由の一つは、
自分の感情を抑えてきたからだと思います。

周りの評価ばかりを気にして…自分を大切にできていなかった。

自分が感じることを大切にしてあげることこそ、自分が幸せに生きる方法でもあり、
周りの人を大切にしてあげることにもつながる。

良い感情も、悪い感情も、全て自分のなかから出てきたもの。
どれもいったん受け止めてあげる。

そこから、私はどうしたいんだろう、なりたい自分はどんな自分だろう、
と考えて、行動をとる。

そうすることで、少しずつ、なりたい自分になれるんだと思います。

その自分の感情と向き合う方法の一つが、アート鑑賞。

これからは、自分の心と向き合うとともに、
画家や写真家の思いも心で感じられるような、
より豊かな感情を抱ける女性になりたいな。

ABOUT ME
Eri Ninomiya
私の人生を変えてくれた「ハワイ」の魅力をお伝えすることで、皆さんの毎日が、もっとハッピーになるようお役に立てると嬉しいです!